アンナチュラルの最終回でどうしても気になってしまったところ

広告


先月まで放送されていたドラマ「アンナチュラル」は、久しぶりにドはまりした作品でした。世間の流行とは反比例するかのように、そして新垣結衣さんや星野源さんの恋ダンスを見ても、全く興味が湧かなかった逃げ恥とは打って変わり、テンポのいいストーリーと意外な所にちりばめられた伏線、言葉の重たさなどをひしひしと感じ、いわゆるお約束をも覆した感情が先行するストーリーに、どんどん引き込まれていきました。同じ方が作品に深くかかわったはずなのですが、やはり純粋な恋愛模様を描く話は、どうも最近はうまくはまらないようです。

数年前からApple Musicを使うようになってから、事実上の無料配信を期待するため、CDやダウンロード販売での購入を数カ月待ってから、音楽に直接お金を払う(?)という行為を行うようになってきました。しかし、米津玄師さんのLemonは先行ダウンロード販売が始まったその日の午前のうちに、即座に250円を支払い、わずか数日で再生数トップ25のプレイリストに顔を出してきました。

もしかしたら最終回以前から少しだけ舞台になっていたかもしれませんが、ある重要な出来事が起きる直前、主人公のミコトは六郎のバイクに乗り、ある「最悪の事態」を食い止めるために目的地へと急ぎます。その道中の大半を占めていたのが十二壮通りや都庁の前でした。しかし、幼少期から数千回は通ったであろうこの道が、何度も何度も出てくることに、違和感を持たずにはいられませんでした。

というのも、最初は若干暗めの十二壮通りが映し出され、周辺の雰囲気から推測するに日の入り直後ぐらいでした。その直後のカットでは、タクシーが沢山並んでいる所で直線コース、つまりハイアットリージェンシー東京周辺か、都庁の下あたりのタクシー乗り場周辺と推測できます。そこでなくても、少なくとも西新宿2丁目のどこかであると直感が一瞬で判断しました。既にこの時点で違和感があったのですが、その理由は太陽が逆に登ってきたのかと思うほど明るくなっていたからです。

その後、バイクを正面にして撮影されたのは、背景に新宿ワシントンホテルを構える道路、つまり都庁の目の前を通っている道路です。ここも若干明るさがあり、最初の十二壮通りのシーンとは矛盾が生じます。その後登場したのは、またしても十二壮池の下から池の上の中間あたりの坂道です。ストーリー通りであれば、六郎は新宿中央公園の周りをまわっていただけということになります。西新宿のシーン最後に登場したのは十二壮通りを南下し、万年安全が見える部分だったのですが、ミコトの「急いで」というようなセリフが、ギャグのようにしか思えなくなってしまったのを今でもはっきりと覚えています。正直最終回では、この西新宿のシーンが一番印象的だったかもしれません。

最終的にミコトたちは目的地に到着したのですが、その屋上から見える景色には、真っ暗な空を照らす東京タワーがそびえたっていました。帰宅ラッシュ時にミコトたちが出発したとすると、新宿から東京タワーがややはっきり見える距離まで行くには、最悪だと30~40分程度かかっています。が、今回は六郎の「謎の左折ラッシュ」があったため、それ以上時間がかかっていた可能性もあります。あの状況下で「被害者」の方はよく頑張ってくださったと思います。

ちなみに、アンナチュラルのサウンドトラックはApple Musicで配信されています。

広告