倍返し饅頭を買ってきました

広告

TBS

ある行事が近いので、今年の夏に大流行したTBSのドラマ「半沢直樹」の倍返し饅頭を購入してきました。

当初、アクセスが簡単なことと、グランルーフが誕生したということで、中央線1本で行ける東京駅のTBSストアに行こうと思ったのですが、オープンが10時からということで断念し(新宿駅に着いたのが10時8分)、130円の入場料を支払って丸の内線へと乗り換えました。前々日にお店の方へ問い合わせた所「午前中には無くなることが多かった」とのお話があったので、もう間に合わないと判断し、11時オープンである赤坂店へと照準を変更いたしました。

新宿駅から、というよりも、西新宿からTBS(赤坂)への道は意外にも遠く、赤坂見附駅を降りてから新宿駅西口~代々木駅くらいの距離を歩かなければいけません。Googleマップによると小田急線と千代田線を経由すれば赤坂駅に着くそうなのですが、それでも丸の内線を経由して徒歩で向かうのと時間はほとんど変わりません。大江戸線を使っても、青山1丁目駅を降りてから新宿駅~新宿御苑駅と同じくらいの距離を徒歩で移動することになるそうなので、方向音痴である自分にこの行動は不可能だと判断し、少し土地勘のある赤坂見附経由で行くことにしました。

TBSストアには10時50分頃に到着し、お店の前には3~4人程度しか姿が見えなかったので安心していたのですが、お店へ近づくにつれて長い行列が目に入り、若干焦りと絶望感を味わうこととなりました。行列は入口から赤坂駅まで続いており、限りなく赤坂駅の入口に近い部分で待機をしていました。11時1分に行列が動きだしたのですが入場制限がかけられており、TBSストアの外から倍返し饅頭が飛ぶように売れていく風景を、ただひたすら眺め続けるしかありませんでした。

イベントなどで入場制限がかけられている場合、自分の所で一度列を切られることが多いのですが、今回もこの法則は適用されました。倍返し饅頭はすぐ目の前で売っており、どんどん減っていく箱に嫌な胸騒ぎを覚えていました。が、その悩みは売り場が目に入ってから5秒足らずで消えて行きました。ちなみに、前回はゴーゴーカレーのリニューアルオープンイベントの時に「直前でのストップ」をかけられています。

実は、店員さんがひたすら倍返し饅頭を陳列していたようで、ちょうど外から見えなかった部分に店員さんがしゃがみ、1箱30~50個程度はあると思われる倍返し饅頭のダンボールを次々に開封していました。外にいた店員さんから「どうぞ」と声をかけられ、一直線に売り場へと向かい、1時間近く抱えていた不安が的中することなく、無事に「14倍分」の購入が出来ました。倍返し饅頭の上にはピンバッジやストラップ、クリアファイルも並べられていましたが、購入するまでには至りませんでした。ちなみに、半沢直樹コーナーの斜め向かいには、すっかり時の人となり、26日に担当番組の降板したみのもんたさんの「朝ズバッ!!」に関するグッズが販売されていました。いずれも近いうちにレアグッズとして扱われることになりそうですが、確認した限りでは自分以外グッズを手にした人は2人ほどしかいなかったようです。

倍返し饅頭

広告